和菓子屋 干

2013年10月20日 (日)

と、とりあえず撮影…

Denn

いやー、かなりサボって何もしてなかったんだけど、やっと先日、完成(ということに)したので、今日とりあえずの撮影をしてみた。

なんでカナダドルとか洋物のタバコとかを置いているかというと・・・、いつもどおりヤフオクに出品しようと思っていたのだが、その話をしていると友人が「eBay」に出して見たら?うん、決めたそうしよう、と宣言したので(友人が)、こうなった。

日本のヤフオクでさえ、超久々の出品で何が何やらわけがわからんのに、海外のオークション・・・英語わからん、やり方わからん、経費高い、そもそもなんでアメリカはメートルじゃなくてインチなんだよ、どうなってんだよ、わけわかんないよ…ということで、ここ数日、ちょこちょことやり方を調べたりはしていたのだが、全然出せそうな気がしない。

そんなこんなでダラダラとすごしていたら、昨日その友人から連絡があり、会社の撮影室が使えるように許可をもらったということで、急遽撮影をしてきた。

立派なスタジオのようなところで撮影させてもらったのに・・・ごめん、なんかあんまり上手いこと撮れてないかも・・・ι(´Д`υ)アセアセ

いちおうピントはあってるようなんだけど、光が全体に当たりすぎてるというか・・・
のっぺりしてるんよなぁ。

家でもう一度セッティングして撮影してみたほうがいいんだろうけど、超~~~~めんどくさい・・・(;´Д⊂

いやー、これ、ほんとに出品できるんかな・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

あとほんの少し…

Rimg2156
ホームセンターで接着剤を買ってきた。
左のやつは今まで接着が不可能だったポリプロピレンやポリエチレン、シリコンなどが接着できる!!というもの。
右のは貼ってはがせるということで、仮どめに使えるということで購入。
左のは「透明」ということだったが、出してみるとかなり黄色い。
これで透明というのは詐欺じゃないかというくらい黄色い…。
右のセメダインは「黄淡色透明」ということだったが、ほとんど気にならないほど透明。
Rimg2157
この細々としたパックを接着するためにボンドを買ってきたのだが、セメダインを使用。
最初セメダインは買わまいかと思っていたのだが、よかったよかった(汗)

いやー、しかし高かった。一個600円くらいした(゚Д゚)

でもまぁ、これを中身を含め接着してなかったら、配置するときに発狂するだろうと思う。
もし買ってくれた人がいたら気の毒すぎるので、色々くっつけておいた。
ある程度は接着してないほうがよく見れるし、遊べるのだが、どこまで接着するかしないかというのはいつも悩まされるところよな。

Rimg2159
箱を作ってみたのだが、前回はフタがブカブカだったのに、今回はギッチギチ。
なかなか難しいな。

そんなこんなで作品がかなり完成に近づいてきた。
97パーセントくらいか(;;;´Д`)はぁはぁ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

庭 ほぼ完成

数日、忙しくて作業ができなかったらすぐにやる気と記憶が薄れてしまうのだが、気を取り直して…

Rimg2131
つわぶき?を作って…

Rimg2132
ランっぽいやつを作って・・・

Rimg2134
接着接着… 石とかも置いて…

Rimg2137
庭部分、これで大体できた…ことにしよう…
庭単体で見ると若干寂しい感じだが、ショーケースを横に置くと結構いい感じに見える。

あとはもうちょっと汁っぽい感じにして、色を調整すれば完成かな。

Rimg2128
今日も仲良く…

Rimg2124
うりちゃんはいつもくーちゃんに抱きついて寝ている
か、かわいすぎるヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

| | コメント (98) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

大分マシに…

Rimg2114
細かいラベルとかを貼って…

Rimg2115
半年以上前に作っていた干菓子(右)が接着剤がはみ出てたり、お盆が気に入らなかったりで手前のやつを作りなおした。
「作った形跡」みたいなものがまる見えなのはいけてないよなぁ。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

やっとラベルが…

Rimg2096
やっと…ラベルができて貼ることができた…けど、貼ってみるとイマイチ気に入らないところがあるので、また直すと思う。
結局、画面で見ているときよりも印刷するとかなり小さくなるので、絵や字がつぶれるから、あんまり細かいことをしていると逆効果なのよな

Rimg2095
やっとこの状態までこれた…たかがこれだけのことをするのがほんとに長かったつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
この手の袋は難しいからもう二度とやりたくない…

Rimg2102
撫子の花が浮いている羊羹 ちょっと夏っぽいな…(;;;´Д`)ゝ

Rimg2105

箱をいちから線を引いて作ると歪むし、何よりめんどくさいので、パソコンで作ったやつを印刷して切って組み立てる。
この切る作業がめんどくさくて大嫌いだわ~。
ていうか、作業自体はほんとめんどくさくてしんどいことばっかりよな。
これでいいものができんかったら地獄だわ。

Rimg2106
切ったら折り込んでボンドで接着。フタを閉めるのが結構キツイくらいぴったりしている
もうちょっとゆるくしたほうがよかったか

Rimg2094
上生菓子を入れる箱も作ってみた、が、模様が気に入らないので作りなおそう

Rimg2109
棚が大分埋まってきた。
あ、あともう少し…
まだ気に入らないところが多々あるから直さないとな…

| | コメント (317) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

こ、腰が…

ちょっと半日、農作業をしただけなのに、腰が痛くなった…
しかも大したことしてないのに(;´д`)トホホ…

コーン茶にする用のフリントコーンを芯から外す作業で手の皮がズル剥けになってしまった。
手の荒れが最高潮に達して指の先がヒビ割れて痛い(´Д⊂グスン

しかも、苦労して作ったコーンは実にするとコーン茶2袋分くらいしかなかった(涙)
土地が余ってるんだから、ケチケチせずにもっと大量に作ればよかった…

Rimg2092
こないだ買った和風素材集の画像を使って箱を作ってみた。
はぁ~楽でクオリティーが高い、言うことないわ。
一抹の寂しさを感じないではないけど…。
今までの苦労は一体何だったんだ?的な。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

先に小物を作ってから作ればいいものを…

Rimg2078
ショーケースの上の乗っけるショーケースを作った。
小物を入れてみたら、小物が乗り切らなかったので、作りなおすというハメに・・・マイガッ
そうなることは薄々わかっていたが、まさか本当にそうなるとは、のパターン。

Rimg2086
にぎやかしに干菓子を袋に詰めてみた。
箱入りじゃなくて、こういうのもかわいい。

Rimg2088
あああ、本来入れるはずじゃなかったカゴに盛ったらめっちゃかわいい…
なんか和物雑貨っぽい…こういうのもまた作りたいな

Rimg2084
これは本物の栗

「ぽろたん」という品種の栗なのだが、今年初めて収穫できた、というよりか、台風で落ちていたイガから拾ってきた。
そもそもイガが開いてないし、木は死にそうだし、イガのなかには生育してない実が1つしか入ってないしで、まともな実ではないんだけど、加熱すると渋皮が簡単にとれるというので、それだけを確かめておきたかったのだ。
実際、切れ目を入れて電子レンジにかけると、本当に簡単に渋皮が剥けた。
鬼皮をつけた状態で切れ目、だとすでに実から渋皮が剥がれていた。
す、すばらしい…。
加熱の仕方で不味くなったりするのかもしれないが、包丁で皮を剥くと一番美味しいところが削れてなくなるので、これはいい。

来年が楽しみだ、と言えるほど木が成長していないので、3年後が楽しみだ、くらいな感じ。栗ご飯への道は遠く険しいな…(;;;´Д`)ゝ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

実際に袋に詰めてみると…

Rimg2058
オーブン粘土でグラデーションもみじを作って…
かなり薄い型なので、オーブン粘土の場合は型から抜くのが非常に難しく、これだけ作るだけでも相当苦労した。
樹脂粘土だったら楽勝なんだけど、そうしたら、今度は透明感とグラデーションが厳しい。

Rimg2060
紅葉の練りきりが何回やっても上手く作れなかったので、趣向を変えてみた。
こういうのが一個あったらアクセントになっていいかもしれない。

Rimg2063
謎のお菓子。 多分半生菓子だと思われる。
噛むとねちっというか、ぐにゃっとした食感の。

Rimg2066
袋詰めにしたら、まぁまぁかわいい気がしてきた。
あとは簡単なラベルを貼って完成。

Rimg2068
ぼうろや飴を入れる袋を試しに作ってみたのだが、かなり難しい。
こういう透明度の高いのは硬くて厚みがあるので、みょうにピンっとしてしまう。
ナイロンにしようかどうしようか迷う。

Rimg2071
実際に袋に飴を入れてみると、飴が異常にでかすぎるということが判明。
小さく作っていたつもりなんだけどなぁ(涙)
↑左は焼く段になって一瞬で焦げて色が黒ずんでしまった状態。
よく焼くと、角がとれて丸みが出、透明感も増すのでかなりギリギリまで焼きたいのだが、私のトースターは温度調整ができないタイプなので難しい。
見ながら焼いていたのだが、煙が出てきた瞬間にはもう手遅れという。
かと言って、早いと焼き足りないしなぁ~。

しかし、そんなこともあろうかと、いっぺんに全部焼かずに、残しておいたので助かった。
そもそも前回作ったときの飴も、残しておいたのがあったので、また周りの粘土を巻いて済ますことができた。
芯から作り直しだとかなりへこむであろうことを予測しておいたのだが、本当にやり直すことになるとは…
リスク分散って大事よね。

Rimg2072

比べて見ると全然大きさが違う。

小さくしようと思えばもっと小さくできるのだが、かわいく感じる程度の大きさと他とのバランスが大事よな。

はぁ~~、一歩進んで二歩さがり、また一歩半進む、って感じだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

足りないパーツとか

Rimg2046
上生菓子を入れるパックを大量に作ったんだが、こんなに使わないよな…

Rimg2047
ショーケースの上にのせるお菓子棚のサイズを見ている。
この部分だけでも普通に売れるよな…

Rimg2052
そばぼうろ 今更原型を作って複製してみた。
かりんとうも作ろうと思ってやってみたのだが、改良がかなり必要だったので、とりあえず放置(;;;´Д`)

Rimg2054
足りない細々としたパーツを作ってみる。
こういうのが意外と疲れる…
今日は袋と作ったり、詰めたり、粘土の仕上げをしたり、組み立てたりというかなり神経のすりへる作業をするか…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

いい感じで…

Rimg2039
新しく買ったオーブン粘土で飴を作った。画像だとよくわからないかもしれないが、青と赤は透明色で、焼くと透明感がでて綺麗。

Rimg2041
左が前回作ったやつ、右が今回作ったやつ。
色部分が細くなっていい感じになった。
実際に見るとわかるんだが、ピンクや緑など、透明色を部分的に使っているので、なかなかいい感じにできた。
画像で見ても、実際に見てもいまいちよくわからんのだが、パールを混ぜている。

てか、同じようなものを何回も作りなおして、その違いとかはやはり自分以外にはよくわからんのだろうかな。
逆に自分が気づいてなかったり、見て見ぬふりをしているところが、他の人からしたら目障りなところもあるんだろう。
まぁ売ろうが何をしようが結局は自己満足よ。

Rimg2045_2

金平糖 ひと粒ひと粒、爪楊枝やらピンセットやらで作ってみた。
初めて作ったのだが、最初は透明感が足りないとか、色が濃いとかでやり直し。
この画像の赤いやつは色が濃すぎのようなきがするので、新しく作ったやつと差しかえるかな。
なかなか美しい形にできないのだが、ものもとそんなにカッチリした形をしてないし、いっか・・・と。
量がそこそこいるので、これの倍くらいを作ったのだが、肩と目が痛い…

Rimg2022
うりちゃん、かわええ~~~ちょっとウサギっぽいな。
こいつ、自分で自分がかわいいとわかっててのこのあざといポーズをとってるんだろうか…だとしたら恐ろしい子・・・

Rimg2036

今日も仲良く一緒に寝てる。
まぁ大概くーちゃんが寝ているところにうりぞうが侵入してきて、くーちゃんが出て行くというパターンなんだが

それにしても、なかなか完成しない。
今週の土曜日が友人と合同作品完成(予定)発表会なのだが、間に合わない気がする。
いや、そんな弱気だと絶対に間に合わないのだが、すでに(予定)とか言ってるし。

以前は作るのが嫌とか(今もか)、作業できない、とかで完成しなかったのだが、今はやればやるほど、あれもやりたい、これもやりたい→資料を集める→あれもこれも…以前作ったものを作りなおしたくなる→新しいものが(今回の作品について)作りたくなる→作る→終わらない・・・のループだな。

友人も一度ほぼ完成している作品をバラして作りなおしているみたいだし、同じようなルートをたどっているのが笑える(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
早く完成させたいけど、いつまでも完成してほしくない気もするし、まぁとりあえずいい感じになってきた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)