原発

2011年10月18日 (火)

岡山県/岡山市への汚染瓦礫受け入れ拒否の申し入れ

岡山県庁と市役所に放射能に汚染された瓦礫受け入れ拒否の申し入れに行って来た。

「さよなら原発1000万人アクションin岡山実行委員会」の方が申し入れをし、福島から避難してきたお母さんが発言をしていた。

県庁で対応してくれた人は何を言っているのかサッパリよくわからんかった(お茶濁しすぎだろ)が、とりあえずイラっとしたので、「汚染された瓦礫を引き受けて、岡山が汚染されてしまったら責任がとれるのか?とれるわけがないだろうが、とれないのなら引き受けるな」というようなことを、声をひっくり返しながら言ってみた。
(あの空気のなかで発言するのは結構焦った)

瓦礫を受け入れるというのなら、市民を殺す覚悟でやれというのだ。
そして、黙ってやるのではなく、はっきりと市民を犠牲にしますと宣言してからやれ。

市役所では、県庁よりは若干対応がマシだったように思うが、「廃棄物処分については市に責任があるため、放射能汚染をする可能性のある物は、受け入れしがたい。 不確定要素が大きいので検討できる状況にない」とのことだった。

その「検討できる状況にない」というのがモヤっとしたので、じゃぁどういう状況になったら検討しちゃうんだよ?と思い、その旨を問うたところ、

「東日本大震災による廃棄物の両は莫大で、全国レベルで処分をしていかないと処分しきれないという状況もご理解いただきたい」

という回答だった。
おいおいおいおい、話をすり変えるにもほどがあるだろう、いい加減にしろよ、と思い、途中でよっぽど突っ込もうかと思ったのだが、時間終了ということでそれ以上何も言えなかった。

他にも発言をしようとしていた人がいたのに、止められてしまった。
無念。

その前に、同じ会の者が「100ベクレル以下の瓦礫は支援という意味でも受け入れはやぶさかでもない」というような発言にショックを受け、「私はたとえ1ベクレルでも受け入れは絶対に反対。 少しでもいいということになったらキリがない。 家の近くで燃やされたら煙で広まるし、うちは農業をやっているし、ブドウも作っているのにそれで汚染された果物を売りたくないし、汚染された野菜も水も自分は絶対に食べたくないし飲みたくない。 瓦礫が汚染されているかどうか検査すると言っても偽装されるおそれがある。 断固として拒否するべきだ」 ・・・というようなことは言ったのだが・・・。
(記憶があいまいだが大体こんな感じだったか)

言っても、どうしようもなかったのかもしれない。
が、言わなくてモヤモヤして後悔するだろうことは想像ができたので言ってしまった。

県はともかくとして市は今のところ瓦礫を受け入れるつもりは無いのかもしれない。
一体どういうつもりで瓦礫を受け入れるのか、それとも断固として拒否するのか、
市民を守る気があるのか、無いのか、姿勢をはっきりと示してもらいたかった。
瓦礫を受け入れるということは、岡山を殺すという取り返しのつかない犯罪行為なのだから、責任をうやむやにしてはいけない。

うちから目と鼻の先にある処理場で燃やされるかと思うと、本当にゾっとする。
絶対に許せない。

拡散するべきは福島や関東などで放射能に苦しみながら生活している人間のほうであって、絶対に汚染された瓦礫などではないはずだ。

そしてこれはまだ汚染されていない西日本や九州、四国など、全国の問題だ。
岡山だけが受け入れをしなくても隣の県が受け入れたらアウト。
自分達だけが良ければそれでいい、というわけではない。
もう汚染されてしまったところの除染など簡単にできるわけがない。
であれば、少しでも汚染されていないところを残して、そこで暮らしていくしかないだろう。
そのために国民にはもっと意識を高めてもらうように働きかけをしないといけないというのに・・・。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

さようなら原発5万人集会

昨日は東京の反原発デモに行ってきた。

疲れた。

終わり。

・・・だけだとちょっと寂しいので、もうちょっと書くか。

行くかどうか迷ったが、歴史的大集会、ということだったので思い切って行くことにした。
実際6万人ほど集まっていたようで、すごい芋の子洗い状態で息もハァハァだった。

集会では山本太郎がスピーチをしたのだが、まぁカッコよかった。

デモは明治公園から3コースにわかれて出発するてはずだった。
だが、あまりに人が多くてなかなか出発できず、2時半くらいから4時半まで公園のなかで待ったが、結局デモに出発することなく新幹線で帰るために途中離脱したのだった。

なので、正確には「デモには行ってなかった」ということになるのだが、公園内でも十分コールをあげてわぁわぁやっていたので、行ってなかった感はほぼない。

帰り際にはデモの隊列を横目に見ながら、デモの人に時折がんばれと手を振り、せかせか歩いた。
そうこうしていると福島みずほさんや山本太郎さんと遭遇した。
山本太郎、いい男・・・。

デモを横目に「原発すぐに止めたら困るのに、バカだなぁ・・・」みたいなことを言っている若者がいた。
つかまえて説教してやりたかったが、前を歩く人に遅れないようにするので必死だったので、とりあえず顔をガン見するだけで抑えておいた。

そんなこんなで帰りの新幹線では爆睡。
途中何回か目が覚めたが、また熟睡。

それにしても信じられないのは東京でマスクをしている人を一人も見なかったことだ。
おかしすぎる。
デモに来ている人も全くマスクをしていなかった。
マスクをしているのは私と仲間の3人だけだった。

マスクをしていたせいで、息が苦しくて暑くて大変だったけど、「マスク一時、被曝一生」をスローガンに耐えた。
東京で暮らしている人は大変だ・・・。

行きは車に乗せていってもらった。
車だと9時間、新幹線だと3時間半だが、車のほうが自分は楽だった。
そういえば車で東京に行くのは生まれて初めてだったな。
なんだかんだで、色々楽しかった。

原発再稼動を全部廃止して、原発なしだとどうなるかやってみればいいのに。
全然問題ないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

8.6 広島に行ってきた。

8/6はブドウの出荷を休んで、労働組合の反原発集会に行ってきた。
↓ご一緒させてもらった人がどんな会だったか書いていたので、勝手にリンクさせてもらう。
http://doronishi.exblog.jp/14345614/

110806_094623
集会のある体育館までデモ、そこからまたデモ、と二回デモがあったのだが、街の人の様子を見ていると、「ああ、今日は原爆の日だったわねぇ」というような、また年に一度のいつものやつか、みたいな、全く気にしない雰囲気だったように思った。

デモを見るのがよっぽど慣れているんだろう。
自分が加わっていた団体だけじゃなく、様々な団体が集まっており、一日中どころか前後数日ずっと何かのデモ行進があったようだ。

後半のデモのときに東急ハンズがあったので、寄って彫刻刀などを買っていたら、完全に置いていかれてしまい、道もわからなくなってしまったのだが、そこかしこにいる警察や機動隊に道を聞いて追いついた。
途中、変な集団がいるなと思ったら右翼だったらしく、後で聞いたら絡まれていたらしい。

当日、晴れてはいたが、真夏にしては日差しが弱かったようで、例年よりは若干楽だったらしい。
私としては、冷房のきいた体育館で話を聞いたり、直射日光にさらされたりしたものの、連日の熱部屋での作業に比べたら断然楽で、体が休まった一日だった。

それにしても、行きがけのバスで見たアニメ版「はだしのゲン」、きつかった・・・。
マンガは小学生のころに何度も何度も読んだが、アニメ、かわいい絵なのに怖すぎる。
今の小学生は読んでるのかなぁ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

鎌仲ひとみ監督ユーストを見た感想

動画にリンクはってたけど、切れたみたいだな・・・。

しょうがないから、少しだけ内容について。(ながら聞きしていたので多少間違ってるところもあるかも)

アメリカの核廃処理工場の風下で被曝、という話は前から聞いたことがあったが、そこで風船の中に放射性物質を入れたものを飛ばして、どれくらいの影響が出るかコッソリ大規模な人体実験をしていた、という話にはマジでドン引きだった。

その風船を見ていた当時10才くらいの少女は、目から血が止まらなかったらしい。そしてその後、少女の母親は眼球が無い子供を生んだとか。
その実験をしたことがバレた政府(か工場か)は、それを認めたのだが「ちょっとだけだから、健康には問題ないよ」というふうに軽く流したらしい。
(もちろんそんなことはない)

怖い、怖すぎる・・・。日本の原発事故の対処もそれと全く変わらないけど。
悪意をもって福島県民を逃がさず調査するところは、まさに人体実験だしな。
モルモットと違って檻に入れられているわけじゃないんだから、逃げるしかないだろう。失うものは多いだろうが。

その他、劣化ウラン弾について、それから福島の事故について。長い・・・。
ちょっとした核爆弾みたいなものがイラクでは大量に使われてきたんだよな。

原発は原爆の材料となるプルトニウムを作り貯めるためだ、とか、衛生の打ち上げ技術は大陸弾道核ミサイルに即応用できるので研究してる、とか、知らないだけで恐ろしいことはたくさんあるに違いない。

原発は決してコントロールできない、安全ではないというのはよくわかった。
もし最初は軍事目的で作ったとしても、こんなに日本全国にある原発のどこかにちょっとミサイルでも打ち込まれた日にゃ・・・自爆もいいところなんですけど!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんかなぁ・・・肉を買う。

ここ数ヶ月、忙しかったり、なんだかんだで、自分では全く肉を買っていなかった。
親が生協で頼んだ冷凍肉とかを使っていたのだが、あれも怪しいよな・・・。
以前に比べたら肉はほとんど使わなくなった。

でも、昨日、久しぶりに肉うどんがめっちゃ食べたくなったので、重い腰を上げて肉屋に行ってきた。
以前から牛肉だけは、国産牛だけを扱う精肉店で買っていた。
美味しいし、スーパーで買うより安いような気がする。
(よくわかってないのかよ)

お店に行って、「原発のことがあって、怖いから肉はずっと買ってなかった。この肉は産地はどこ?」と聞いたら、「兵庫産」とのことだった。

「みんな全然気にせず買ってるよ^^」と言われたので、
「みんな全然危機感無いから・・・」と返した。

なんか気のせいなのかな?空気が凍ったまではいかないけど、一気に冷え込んだような気がしたんだけど。

「肉って移動させたら、そこでちょっと飼ってすぐ産地変えて出荷するよね、昔から」という話題をふろうとしたのに、とても出せるような雰囲気じゃなくなった。

いつも世間話をしたりしていたのだが、いたたまれなくなったので、それ以上つっこまず、肉を500円分だけ買って帰った。
「風評被害を撒き散らす極悪人」というレッテルが貼られたんだろうか。

別に商売の邪魔をするつもりはない。
もし本当に安全な肉しか売ってないんだったら、堂々と産地を表示してアピールすればいいのに。
でも、もう日本中多少なりとも汚染されてるわけだし、本当に難しい。
少しでも汚染されていたら、絶対に安全ではない(影響がないということはない)というのは、わかるのだが、それをどこまで許容するかが問題だ。
完全に安全な食べ物を求めたら、食べるもの無くなっちゃうから。
自分だってブドウを出荷する上でひっかかる。

その帰りに車でラジオをつけていたら、どっかの学者が
「放射能の安全は白か黒かではなく、グレーもある。そもそも放射能は自然界にもともと存在していて、事故でそれが少し増えただけ 大丈夫」
などなど、安全アピールをしていた。
関東の家庭菜園でとれた野菜は洗わなくても全然大丈夫らいしんで、良かったね( ´,_ゝ`)ハイハイ

自然界に存在している放射能と人間が核を分裂させて作った放射能は全然違うし、自然界のものには生物は対応できるけど、後者はそうではない。
共存はありえない。
それを、自然界の放射能で生物は突然変異して進化してきたから、放射能は必要でいい物なんです、とか言うんだったら、原発行って毎日浴びてこいよ。

5年後、10年後が楽しみだよ、ある意味。
てか、あと半年もしたら、奇形児や異常出産が激増するんだろうけど、それも報道されないのかもな。

放射能とある意味共存していかないといけない世界になったのはわかるし、しょうがないかもしれないけど、犯人の追及、懲戒をあきらめたらダメだろ。
もちろん自衛も。

原発のことを気にせず花畑でルンルンしてて、実はそこは地獄だったと最期まで気づかなかったら幸せだね。
てか、うすうすわかった上であえての花畑か。
マスコミの花畑誘導作戦がハンパないしな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦

2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦
全国民に見てもらいたい。
そして、この答弁が新聞で一切紹介されなかったということも、全国民に知ってもらいたい。
わかってるだろうけど、国民は騙されてるし、見殺しにされてるんだよ?

原発何個分とか言うけど、まだ放射能は放出し続けてるし、収束どころかもっと最悪なシナリオが待ってるかもしれないんだよ?

テレビ見たり、新聞読んでる暇があったら、ツイッターを始めたほうがいい。
原発関係のことを書いている人をフォローすれば、いくらでも情報が入ってくる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

放射能が怖いマトモな人は「とぎ汁乳酸菌」を作ってみて。

飯山一郎氏が提案する乳酸菌を最近作ってるけど、皆も作ってみたら?という話。

http://grnba.com/iiyama/hikari.html#ws04112
http://grnba.com/iiyama/#ws0707

乳酸菌を体内に摂取することで、放射性物質を排除できるとか・・・。
私は排除できるというのは正直眉唾なんだけど、乳酸菌によって免疫力をあげて、体内被曝したとしてもそれに耐えうる体を作ることはできるんじゃないかと思う。

そんなバカな・・・と思う人は自分で色々調べてみればいい。
(↑のリンク先も読めばいい)
乳酸菌液(たぶん複合菌だと思うが)は体にいいだけじゃない。
河川を浄化したり、作物の生育をよくしたり(肥料にもなるし、病原菌を殺したり、作物自体を強くする)、部屋のにおいをとったり、フロのカビを掃除できるらしい。
私はまだとぎ汁乳酸菌ではやったことないけど。

友人のリョービさんの記事を以下転載。↓

「とぎ汁乳酸菌」をやってみた

この記事は、非常に有益な情報なのでぜひお読み下さいね! 
 
皆さんは「とぎ汁乳酸菌」というのをご存知ですか?米のとぎ汁で作る、安全・安価・万能の乳酸菌液です。 
 
その説明をする前に、まず「えひめAI」という商品があることを知っていただきたい。 
これは、農業をされている方ならご存知かもしれません(わたしは農業には無知です)
個人で作ることも可能で、以前から使われている方もいらっしゃると聞きました。 
わたしは「とぎ汁乳酸菌」は作り方・効果もそっくりだと思いました。 
同じような物がすでに使われてきた、ということはまるっきりデタラメな物ではないことがわかります。 

本題の「とぎ汁乳酸菌」ですが、作り方・使用法などわかりやすくまとめて下さったブログ様はこちらです。 
speude bladeos(発酵道その1、米のとぎ汁発酵液<計画編>) 
続きの<詳細編その1><詳細編その2>も合わせてご参照下さい。 
 
検索をかけると、たくさんの方が実践されていることがおわかりになると思います。 
「とぎ汁乳酸菌」の効果で、わたしが一番希望を持てたのはこの点です。 
○内部被爆してしまったとしても、体外に出せる・・・経験者のブログで読みました 
○室内に積もった放射能も拭き掃除で大幅に減らせる・・・ガイガーカウンターで計測実験した方がいます 
○大規模な土壌汚染を改善することができる・・・実際にお仕事でされている方がいます 
 
わたしが感じた効果は 
○洗濯機内・洗面所排水口・シンク排水口・服の悪臭など、噴射で消えた。 
○豆乳ヨーグルトを食べたら便秘が即治った。その時、トイレが臭くなかった(*ノノ)キャッ 
まだまだ初心者なのでこのぐらいですが、効果は確かにありました。 
 
少しでも興味のある方は、リョービに騙されたと思ってやってみてはいかがでしょうか?(笑) 
何かご不明な点などあれば、遠慮なくバンバンお聞き下さい。 
豆乳ヨーグルトは試作中ですが乳酸菌液は成功しましたので、わかることはお答えできます。 
やってみたけど、成功しないわよっ!などという文句でもモチロン受け付けております。 
しつこいですが、費用はタダ同然・何もやらんより絶対良いと思います。 
一人でも多くの方にお試ししていただきたいと強く思い、記事を書かせていただきました。

「とぎ汁乳酸菌」補足

昨日ご紹介させていただいた「とぎ汁乳酸菌」の分量について。 
確か「塩○%」などという分量書きになっていたと思うので「小さじ○杯」方式で。 
算数の居残り授業で泣いたことのあるわたしは、%とか見ると一気にやる気が失われますんで(=_=) 
以下、わたしが使っている分量書きです。 
 
---------------------------------------------------------------------------- 
●とぎ汁乳酸菌● 
お試しサイズ・・・とぎ汁(500cc)+塩(小さじ1)+黒糖(大さじ1) 
たっぷりサイズ・・・とぎ汁(2リットル)+塩(小さじ4)+黒糖(大さじ4) 
 注)塩・黒糖は、山盛り気味でお願いします。
補足 塩は天然塩を使ってください。ミネラルが必要なので。
あればにがりを入れてもいいです。
私は液体のミネラルを持っていたので、5~10滴入れました。 
 
●豆乳ヨーグルト● 
固まりやすいサイズ・・・成分無調整豆乳(150cc)+乳酸菌(大さじ1弱)+オリゴ糖(小さじ1/3) 
 注)オリゴ糖は398円(1kg)液体タイプを使用、お安いのでも大丈夫。 
 注)成分調整豆乳でも可能らしいですが、わたしは無調整を使っています。 
---------------------------------------------------------------------------- 
 
ゆうべ初めてちゃんと成功したヨーグルトを食べたら、今朝は顔がツルツルでした。 
腸も活発に動いているのを感じます、便秘よどっかいけ~!
↑↑以上転載でした。↑↑

1978

私が作ってるやつ↑
フタは軽くひとまわししている。爆発とかしたら嫌なので 笑。
大きいのは別のときに作ったやつなのだが、同じように作っても、違うにおいになって不思議だった。
小さいのは、大きいやつを少し使って拡大培養したもの。
一週間くらいでできるらしいんだが、今2週間ちょいたつかな。
一週間で、リンゴのようなにおいになっていたけど、今はちょっとアルコールっぽい感じに変わってきている。
不思議と最初は全く違う臭いだったのが、今では2本とも同じようないい匂いになっている。ごくごく飲めそうな気がするくらい。

さらに置くと多分酢になるので、早く使ってしまわないと・・・。
どうも発酵系のにおいと酸味が苦手(これはいい匂いなんだけど)で、なかなか飲めないのよなぁ。
とりあえず排水口に流したり、野菜や果物に薄めて散布してやると生育がよくなるはずなので、使ってみたい。
あと、ネコのトイレの近くにスプレーしたら臭いとれんかなぁ。

発酵肥料のつくり方・使い方」という本を読んでみると、菌の性質、菌の働き方などがよくわかる。

数年前から発酵肥料を作ったり(失敗)えひめAIを作ったり(成功)していたが、このとぎ汁乳酸菌のいいところは、簡単で安いところ。
米を研ぐたびに出るとぎ汁で、何日かに一回仕込んでおけば使い放題。
夏は乳酸菌などの細菌が活発になる季節なので、今がまさに適期。
今後使った感想などもアップしていくんで、皆さんも是非作ってみて。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

話しにくい話、七宝教室にて

3ヶ月ぶりくらいに七宝焼教室へ行ってきた。

まだ人数が集まっていないときに、原発の話を3人くらいでした。
前回、あまりにも危機感がない様子だったのに、今回はそうでもないようだった。

久々に昼にワイドショーというのだろうか、テレビ朝日の番組を見ていても、解説者が二人も原発推進に憤りを感じているようなコメントをしていた。
テレビも少しはマトモになってきているんだろうか?

七宝焼の同じテーブルでは、デモに行った話に始まり、原発ってほんとやべーな、という話で盛り上がった。
うーん、案外話してみたら、いい感じだったような。
核廃棄物のことなども色々知っていたようで、あー、ほんとにしでかしてくれたよなぁ・・・と4人でショボーンとしてしまった。

夜に母と原発の話しやら菅首相の話しやらをしていたら、母が若干キレだした。
母が「避難する人達はエゴらしいよ」と言ってきたので、「逃げずに将来病気になって、なんで逃げてくれなかった?と子供にきかれたときどうするん?」と私が言うと、そこで「孫欲しいのに産みやがらん」スイッチが連打されたのか知らないが、急に、私が色々やってることが迷惑なんだからそんなの止めろだの、そんなことをやっても誰もほめてくれんし、変な目で見られるし、自分のこともちゃんとできないくせに・・・。子どもを産んでないくせに人のことをとやかく言う資格はない・・・等々かなり激しく文句を言われた。

そうなるともう反論もまともにできないので、とっとと逃げてきた。
子供なんかもともと欲しくもなかったけど、あえてこんな状況で産む気になんかなれんな。
子供が欲しい人はどんなことでもして作ろうとする。
子供が欲しい人は人のために産む?いや、自分のためだろう。
自分のためと人のためが一致するのは幸せだな。あ、話ずれた。

しかし、子供子供と本当にうるさい。
子供が欲しいという感情が全く理解できない。
社会のシステム上、少子化が困るというだけで、こんなに人間が増えていることは害悪だとか思ったりしないんだろうか?
あ、また話ズレた。こんなこと言ったらすげー批判されそうだな。

そんなこんなで、まぁ色々あるが、ぼつぼつやらんといけん。
あんまりがんばっても息切れするだろうから、たまには楽しいこともやりたい。
今の私にとって楽しいことって一体なんなんだろうか?と疑問なのだが。
今週は超久しぶりにヤフオクに出品するつもりだが、手続きが上手くいくかどうか・・・。
本当は先週出品する予定だったのに、プレミアム会員がどーとか、暗証番号を郵送とか、もうわけがわからん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

岡山津山デモ行ってきた。

Cakiza6z
津山のデモにまた友達と行ってきた。岡山から車で二時間弱かかった。
非常に暑かったが、一応、人死にが出る事もなく無事終了。
なんかすごく閑散とした街で、車も人通りも少なくて驚いた(^-^;
だが、おばあさんがノリノリで手を振って(というか踊って)くれたりと、街の人は結構好意的だったような?
一体何を言うかいろいろ考えていたが、ああ、まぁいいか・・・という気分になり、とりあえず普通に叫んでおいた。

最初は50人くらいだった参加者が最終的には倍くらい?かなりの人数が増えていたみたいだった。
なんかあんまり見ていた人がいなかったっぽいけど、何度も何度もしつこくやることに意義があるんじゃ?という気がしてきた。
なんなら毎週末やるか?

終わった後に集合場所の公園でジュースなどが配られ(もらえばよかった・・・)、和やかな雰囲気で皆で話をしていたようなのだが、私は用事があったので、大急ぎで帰らねばならず、知りあいの人と少しだけ話をして去ったのだった。

暑かったが、帽子長袖でうちわを持って行っていたので、まぁ大丈夫だった。
やっぱブドウハウスの暑さで鍛えられてたのがきいたのか?
たまにうちわで人を扇いであげると仲良くなれるんだなという発見が(´,_ゝ`)プッ

大阪から、デモがあればどこにでも参上する、という人がいたり、1925年生まれの異様に元気なおばあさんがいたりと、驚きだった。
若い人が多かったな。子ども連れも。ふつ~の青年もいたし、いろいろ。

1967

超突貫でプラカードもどきを作った。
ダンボールに墨で筆。多分一番ローコスト。
毛筆で習字?なんか一体何年ぶりか・・・ひらがなは書けるけど、漢字が全く思い出せず軽いパニックに。
まさか安全の「安」が思い出せなかったときには、本当に目の前が真っ暗になった。
ドゥーン アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

デモも二回目だと慣れたのか、気負いも緊張も不安もなく、普通に参加できた。
前回は、皆死ねやモードだったが、今回は平和なもんだった。
デモだけじゃだめだけど、デモはデモで意義があるはずなので、デモがあるときには是非参加してみてください・・・。

それにしても、デモに行くまえに父親に「もう日本は原発を全部やめるって言ってるんだから、そんなの行ってもしょうがないのに。 わざわざみっともない。 しょーもない。」とすげーからまれた。
全然日本が原発止めそうには見えんし、全然そんなこと言ってた覚えないんだけど。
大体、原発を全部止めます宣言をしていたとしても、福島の生徒に毒給食を食べさせたり、毒野菜をごまかして流通させてたり、補償もせずに被害者を追い込んだりしている政府をほっといていいんですか?って思うんだけど、そうは思わんのかな。

いろいろ話がしたかったけど、今回もできなかったのが残念・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

話しにくい話

あまり親しくない知り合いなどに原発の話はしずらい。
ふと思ったが、そんな深刻な感じじゃなくて、「いや~ほんと原発ってさ~」とか、「ねぇねぇ知ってる原発ってさ~」とか「いやー、こないだ原発のデモ暑かった~~」とかいうノリだったらどうなんだろうか。

原発の話題を避ける風潮が変わらないといけんよな~と思ったのだった。
そのために色々考えてはいるんだが、なかなか実行できていない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)