野菜づくり

2013年3月21日 (木)

農作業ばっか…

今日はブドウハウスに溝を作るために土を運んだり、その合間に野菜を収穫したりした。
ハウスと畑をひたすら往復しながら、ゴボウを掘ったり大根やカブを抜いたり、里芋を掘ったり、菜っ葉を摘んだりワケギを抜きまくったり…

トウ立ちすると大根は芯ができるし、日に当たるとワケギ(ネギ)は硬くなるし、ごぼうも芯ができるしで、ダメになるギリギリで全部収穫し終わった。

春になって野菜が一気にトウ立ちしてきた。
水菜もからし菜もチンゲンサイもカブも大根も何もかもニョキニョキと花が咲くべく茎が伸びている。

特にからし菜の成長?はすさまじく、突如として1.5メートルくらいに伸びてきた。
柔らかい葉っぱもたくさんでてきたので、つぼみごとかきとって浅漬けにすると美味かった。
胃が痛くなるくらい辛い。
火を通せば辛味はなくなるので、辛いのが苦手だったらおひたしや油いためにしてもいいかもしれないな。

大根は全部切って干す。
切干大根もいいのだが、つぼ漬けにしようかと思う。
こないだ洗面器に2杯分くらい干したのだが、乾くと小さな茶碗に山盛り一杯くらいの量になった。
どんだけ~。
ものすごい収縮率だ。

野菜の残渣はスモモなどの株元に置いてマルチにする。
ワラと違って飛んでいかないところがイイ。
ブドウの剪定カスもそうすればいいのだが、踏むと硬くて邪魔なのでやめておく。

それにしてもとうとうスモモの花が咲き出してきた。
触ってみると花粉も出ている。
人工授粉の季節がとうとうやってきたな。
ちゃんとやれば実がなるし、やらなければ全然実がならないことはよくわかっているので、楽しみなような、焦るような…ドキドキする。

それにしても毎日楽しい。
毎日農作業が忙しくなってきたんで、ミニチュアを早く完成させないとな(汗)

そういえば、今日、家の横の舗装道路でキツネを見た。
最初、猫かと思ったのだが、シッポの太さといい長さといい、背の低さといいキツネだった。
全速力で走り去って行った。

というか、家でキツネは生まれて初めて見たw(゚o゚)w
近所の団地が開発されたとき、キツネが追い出されて遠くの山に移って行ったらしいのだが、犬がキツネを追いかけても、キツネは川をぴょーんと飛び越えて逃げたとか。
友人もキツネが高い塀を軽々と飛び越えるのを見たと言っていたが、あんなに小さい体なのにすごいもんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

今年のナストマ

1886
なげっ というナスビが採れたので記念撮影。

1887
これらは小さいほうで、直径15センチ大のトマトがゴロゴロとれている・・・。
消費しきれないので、とうとう売りにだした。
太く短くではなくて、少なく長くとれたらうれしいんだけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

サツマイモ事情

今日は母親と一緒にサツマイモを掘った。

・・・というか、母親が掘って、私は発掘されたイモについた泥を軍手でぬぐい、猫車に乗せて運搬した。

土器が作れるんじゃないんか?というくらいの粘土質な畑なので、イモについた泥がふるっても落ちない。

数年前に真砂土で埋め立てた畑はまだマシだったが、それでも湿っけていて土がとれない。
売っているイモみたいにきれいにしようと思ったら一苦労だな・・・。

ずっと乾燥していたのに最後に雨が多かったからか、急に大きくなって裂けたようなイモが多い。
そもそも畝が低すぎるし、広すぎたらしい。
「この素人が、( ゚д゚)、ペッ 」と母親に言われながら収穫した。

はー、まだまだあるから明日も掘らんとなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

8割ボランティア

1364
今日は一日サツマイモを掘った。
普通だったらこんなに遅い時期に掘ることは無いのだが、この段階でもそんなに大きくなっていない。
ヤキイモにちょうどいい大きさだ。
1365
粘土質の土をスコップで掘るのはかなりキツイ。
なかなかイモが出てこないので、株の近くを掘るとこんなことになる。
折れたり傷がいったりしたイモは腐りやすいので、健全なイモとは一緒にできない。
調子がつかめるまで、かなりの本数失敗してしまった( ゚д゚)、ペッ

しかし、土の中からイモが見えてきたときはうれしい。
体はしんどいのに止められない止まらない・・・。

1363
昨日今日で猫車3杯くらいあった。
父が後から1杯掘ったらしいから、今4杯。
残りがまだ今掘った分の3~4倍くらいはありそうだ。
先は長い・・・。体中が痛い・・・。

イモ農家はどうしているんだろうか?
自動で掘る機械があるんだろうか?
無いとやってらんないよなぁ。
一反も作ってたら死んじゃうよ(;´д`)

こんなの全部自分で食べられるわけがないので、配り歩かねばならない。
そもそも「紅はるか」の良さを広めるのが目的でこんなに植えたんだから本望だ。
(でも今年だけかもしれない)

人のために、というよりも、その素晴らしい物自体に対する敬愛の念がある。
物を擬人化して捉えすぎなんだろうか。

よく農家の人が「美味しいと言って食べてもらえるのが一番幸せ」とか、「人に喜んでもらえるのが一番の喜び」というようなことを言っているが、あの気持ちはよくわからない。
そうではなく、「(例えば)このイモすごいだろ!?美味しいだろ!?このイモすごいよな!!」みたいな感じか。
(別に、これを作った自分すごいでしょ!?ということではない。)

うーん上手く言えんな・・・。
この場合、あんまり感情移入できない作物を作っている場合は微妙よな。

まぁ、話は長々とずれたが、あんまりあるようだったら売ってもいいかな。
苗木代とか大分かかるし、そもそもイモ作るのに経費もかかってるし。
早く朝市でヤキイモ屋台をやるようにあの人をそそのかさないとな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

ひょ、ひょうたん君なのっ!?

1098
ふつうのカボチャ。 でも、スーパーで買ったカボチャの種から作ったから、どうなるかわからない。
てか、この段階だと全然カボチャっぽくないなー。

1099
I様からいただいた、京都出身の由緒正しいカボチャ「鹿ケ谷」坊ちゃま。
大人になったらそりゃーもうイカツイ、ゴツゴツとした男らしい姿になるんだけど、今はひょうたん君と見間違えるくらいのかわいらしさ。

1106
ひょ、ひょうたんファミリー!!

て、てか、心はともかく、体がこなれて、夜にインターネットとかしちゃう元気が・・・
早く寝ねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

トマトいろいろ

1018
小さくて縦長いトマト「アイコ」
定植してからブドウの液肥をやっていたせいか、ものすごい成長が早い。
あとどのくらいで食べられるんだろうか。
トマトを買わなくてすむ日は近い。

1025
↑これ、サイズわかるだろうか?
一番左の上のもので直径5ミリ弱くらいだろうか。
「マイクロトマト」という品種。
パチンコ玉くらいの実ができるらしい。

珍しいので、ネットで種を買って植えてみたのだ。
「アイコ」の種と混ざって、品種がわからなくなっていたのだが、花がつくようになったらその小ささですぐにわかった。
ほかのトマトと房の大きさがまるで違う。
かわいすぎるやろがーー!!

自分で種をまいて苗を作ったり、苗を買ってきたり、苗をいただいたりで(これが大部分)、いろんなトマトをブドウハウスの中に植えている。
小さいの、もっと小さいの、中くらいの、大きいの、すごく大きいの、オレンジの、黄色の、縦長いの、イチゴ型の、などなど・・・

トマトは毎年同じところに植えたらダメということだが、ハウスの中のいたるところに植えてしまったので、来年はもうトマトはほとんど植えられないかもなぁ。
空き地もなくなってきたし。
早くいろんなのを食べたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

野菜苗を植える、というか、植えられた。

先日、インターネットで珍しいサツマイモの苗を注文したのが届いた。
 
「べにはるか」「安納芋(紅)」という品種で、鳴門金時などと違って、しっとり、ねっとりした食感らしい。
 
私は焼き芋を上手に焼いたときに、中が「しっとり、ねと~」となるのが好きなので、この品種にはかなり期待している。
 
お店などで、「焼き芋 ホクホク」などという文句を見ると、私は「ケッ」と思ってしまう。
「焼き芋 ベットベト」とか、「焼き芋 ネチョネチョ」とか、「焼き芋 ドロドロ」とかだったら飛びつくのになぁ。
 
今まで、親が作った野菜を収穫することはあっても、自分で植えたことはほぼ皆無なので、今回は自分でやって、覚えるぞー、と思っていたら・・・
買い物に行っている隙に、すでに親によって植えられていた。
がびーん。
 

↑は ブドウでお世話になっている方にもらったキャベツとトマトの苗。
このあと、犬によって蹂躙される(笑)
一番いい苗だったのに、と母はショックを隠しきれなかった。
 
サツマイモもブドウのハウスの中に植えられた。
樹がまだ成長しきってないので、根も広がっていないし、日当たりがいいところがまだたくさんあり、余ったスペースに色々野菜を植えることができる。
 
サツマイモはつるを伸ばして、また他に移植してたくさん作れたらいいなと思っている。
べとべと芋を他の人々にも広めたい・・・。

| | コメント (3)

2009年3月12日 (木)

今年の目標は・・・

今年の目標は・・・

 

野菜作りにも手を出してみる。

 

と・く・に、

 

 

「しょうが」を作ってみたい。

 

 

そしてそのしょうがを元手に紅ショウガとショウガの甘酢漬けを作りたい。

 

なぜかというと・・・

 

父はお好み焼きを作るのが大好きで、よく紅ショウガをスーパーで買う。

添加物満載で体に悪いだろうし、何より・・・

 

意外と家計を圧迫してくるんだよねぇ?

紅ショウガと言えども大量に買うと・・・

(あと、やまいもパウダー、あれ、高いんだよね・・・。)

 

・・・ということで、安全・安心・大量の紅ショウガを作ることを決意したのであった。

| | コメント (1)