手作りその他

2009年10月18日 (日)

備前焼祭り&土ひねり体験

備前焼祭りに行ってきた。
伊部周辺にあんなに人がいるのを初めて見た・・・。
まっすぐ歩くのも困難なくらい。東京かと思った。
全国から人が集まるらしい。
540_2
備前焼をやっている方に説明や案内をしてもらったので、すごくわかりやすくてよかった。
備前焼って身近なものだったけど、何も知らなかったんだなぁ。

今まで備前焼はこういうの、というイメージがあったのだが、それとはまた全然違うタイプのものもたくさん見ることができて目からウロコだった。

それに陶芸家の方のお屋敷の中に入って行って見せてもらう、とういのは普通あんまりできないだろうから、貴重な体験だった。545
おまけに、案内してくださった方の作業場で急遽体験をさせてもらうことに・・・
ほとんどできた状態から、私がいじって作ったのが左。
右はおちょこを作ろうとして失敗して杯?皿?になったもの(笑)544
今はこれくらの大きさだが、乾燥で3割くらい、焼きでまた1割くらい縮むらしい。
茶碗を作ろうと思ったら丼を作るくらいの大きさにしないといけないとか。
樹脂粘土も乾くと縮むが、そんなに大幅に縮むことはないので驚いた。

しかし、難しかった。
こうやってやるんだよという見本を見せてくれても、どうやってやるのか全然わからないし、思っているようにいかないし^^
そしてぐるぐる回る粘土を見ていると目が回るというか、意識が飛ぶというか・・・。

でも、ほんのちょっとだけこんな感じ?と思うところがあって、それはうれしかった。
土の感触と、手2本だけで形を作っていくあの感覚はやみつきになるのもわかるような気もする。
これはやりだしたら時間があっというまに過ぎていくだろうなぁ。

しかし、備前焼が焼く前にこんな色をしているとは意外だった。
乾くともっと薄いグレーになって、焼き方によって違う色になるとは、本当に不思議よなぁ。

KさんIさん、今日はどうもありがとうございました^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
↑是非、憐憫の情でクリックをお願いします~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

食品サンプルのパフェを作ってきたどー!!

岡山のNHKで岡山の食べ物をテーマにしたイベントがあったので行ってきた。
食品サンプル屋さんの作ったパーツを使ってフルーツパフェを作るというイベントだ。
朝イチに行かないと定員に入れないかもしれないと思って友達と約束をしていたのだが・・・

なんとまさかの寝坊。

友人からの電話で目がさめた(爆)
寝起きの私の声があまりにひどくて(怖いらしい)声がでない友人。

まぁそんなアクシデントもあったが、無事に受付けをすることができた。

469
作業はまず色のついたソースをカップに入れてもらい、クリームを絞るところからはじまる。
自分で絞るのではなく、電動のコーキングガンのスイッチを私が押し、師匠(勝手にそう呼ばせていただく)が口金の先をコントロールしてくれるのだ。
師匠が「はい止めてっ」と言うと、速やかに指を離す。
そうするとこういう感じにクリームが絞れる^^

こんな簡単な作業なのにやらかした人がとなりにいた。
スイッチを途中で何回も離してしまい、師匠の手元が少し狂ってしまったらしい。
友人よ、意識飛ばしすぎ・・・。

わからないでもないが、クリームが渦を巻いているのを見ているうちにまたトリップしてしまったのだろう。
(別に薬物も何もやってないのに)

471
あらかじめどこに置くか決めておいたフルーツをのせていく。
左が私で、右が友人の作。
同じパーツを使っても、個性が出るよなぁ。
それにても、下のソースがきれい。
フルーツも食品サンプル特有の質感と色ですごくイイ!

475
さらに上にソースをかける。
これは師匠が やってくださった。
あつかましくも自分でやりたいと言ったが、「やけどしたらだめだから」ということだった。

この後、ニスを塗って仕上げたのだが、その写真を撮るのを忘れてしまった。
ニスを塗ったら、フルーツ、とくにミカンが半透明になってめっちゃキレイだった。

それにしても、ものすごくかわいいパフェができて大満足。
こんなに楽しくて興奮したのは久しぶりだな。

憧れの食品サンプル職人の人に会えて、体験もできて、最高な一日だった。

自分も似たような教室をやっているが、いつも提供する側で、享受したのは初めてで、こんなにも楽しいものなのかと目からウロコだった。

いつも自分の教室で、お客さんが楽しんでくれて大満足(演技じゃなければ)で帰って行かれるのを見て、安堵していたが、あれが本当なら、改めてすごいことなんだなぁと感じた。

お金をもらう以上、一生懸命準備はするが、さほど積極的に、喜んでもらいたい!とか、喜ぶ顔を見るのが好き!とは思っていなかった。
(ひねくれてるな~いや正直か)

でもまぁ今回のことであらためて、自分の楽しいと思うこと、好きなことを共有してもらいたいという気持ちでまた教室の準備をしようと思う。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
↑是非、憐憫の情でクリックをお願いします~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

黒チョーカー

急に思い立って作ってみた。
黒い花は貴和製作所で買った既製品。
 
ああ~~ドーナツ屋、完成させないとなー。

| | コメント (2)

2009年10月 8日 (木)

脱線しすぎだろうキミ


以前はすかしパーツはあんまり好きじゃなかったのだが、とあるブランドのアクセサリーのカタログを見て、ものすごくかわいいのがあったので、自分で作ることにした。
なんせマイナーブランドで、そのネックレスは輸入されてないようなので。
ネットでも売ってないってどういうことよ・・・。
 
まぁ、自分で作ることに、って言っても、全然似て非なる、というか、似てもないものになりそうだけど(汗)
そりゃそうだ。オリジナルパーツなんだから。

つないだだけピアス。
たったこれだけをワカンでつなぐだけなのに、なんでこんなにめんどくさいんだろう。
一個で力尽きて、もう片方が完成しない・・・。
 
というか、私、ピアスの穴の状態がよくなくて、ピアスをするたびに膿んだりして痛くなるのよなぁ。
なので、最近はほとんどしていない。
というか、そもそも普段の格好がひどすぎ・・・。

| | コメント (1)

2008年10月12日 (日)

シルバー教室に行ってきた。

友達に誘われて、シルバーの体験教室に行ってきた。
何種類か考えていた中で一番シンプルな「リボン」にすることにした。
だがしかーし。
思いの他時間がかかり・・・
(余裕をかましてゆっくりやっていたら)
 
4時間もかかってしまったのであった(遠い目)
↑まだまだ汚いので、もっと磨かねば。
パンツのリボ・・・ごふっ

他の人々は完成して帰っていってしまったので、私は焼くのが精一杯で、ほとんど磨くことができず終了することに。
家に帰って磨いてみたんだけど・・・この形って結構めんどくさいのね。
リボンの裏とか超~~やりにくい。

つけてみた。
やっぱりー、肌をー、写すときはー、露出をー、上げないとー、辛い。
超シンプル~。
先生ありがとうございました^^

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

友達が来て・・・

とある友人がうちに初めて遊びに来て、一緒に粘土をいじくった。

 

んで、その友人が作ったネックレスがコレ。

肉は私。

イチゴも彼女が作りました
ラインストーンの位置が気に食わなかったようだけど、時間がなかったので、この状態で帰っていきました(笑)
というか、イチゴの位置もさんざん悩んだけど、なかなか上手くいかない。

私が作ったのは↑↓

イチゴと生クリームのコンビは最強だな。
しかし、今年は日焼けしたなー。手がまっくろ。

| | コメント (3)

2008年9月 2日 (火)

いちごパーツ

造花の葉っぱ。切り抜いて、カープをつける。

 

粘土で作ったイチゴにくっつける。
花もつけてみた。

キレイに撮れんなー。
いつも作っているサイズと比較。
てか、もう久しく作ってないような気がするけど(笑)
 
こうやって見るとデカイような気がするけど、実際のイチゴに比べるとかなり小さい。

| | コメント (1)

2008年8月 8日 (金)

コサージュ

友達の結婚式につけるコサージュを自作しようと思い、色々やってはみたもののなかなか上手くいかず・・・

布を熱コテでカーブをつけて、花にまとめていくんだけど、難しい~。

 

んで、何回か失敗して、とりあえず形になったやつ。

 


なんか、この写真は色味が死んでるけど、実際はキレイな色なんだよ・・・

サテンとオーガンジーで作ってみた。

直径約9センチくらいかな。

 

熱コテで花びらを作るときに、サテンとオーガンジーの耐熱温度が違うようで、油断してると「チュチュッ」と溶けるのよな。

コテを水で冷ましながらやってるんだけど、予期せず先じゃない熱いところが布に当たって、穴が開いたりしてパニくってしまった。

くっついてしまうから、なかなかはがせなくて困るし。

 

コテを譲ってくれたKママ様ありがとうございます^^

 

ついでにショールも作ってやろうかな・・・

| | コメント (2)