« 母屋を乗っとられ・・・的な | トップページ | トマトいろいろ »

2010年5月28日 (金)

恐怖の計算

ぶどうの粒まぶき。

ブドウは最初から売ってあるような状態なわけではなく、人間がハサミでネチネチ、チョキチョキと一粒一粒(時にはいっぺんに二粒とか四粒とか、もっと粒とか)間引いていくことであの形になるって知ってますか?そうですか、そんなこと知ってますよね。

なので、下手な人が間引いたらヘンな形になるし、面積をたくさんやっていて手間がかけられなくてギチギチになったり、いっぺんに間引きすぎてゆるゆるになったり、そもそも花がふるって(授精が上手くいかなくて)粒が足りなくて形にならないこともある。
そんなものは市場には出回らんが。

今年は大粒ブドウのピオーネも間引かせてもらっているのだが、ジベレリン処理をするブドウなので、いちいち成長が早くて驚く。
ちょっと数日見ないと違う生き物かというくらい大きくなっている。
ピオーネは粒が表面にまんべんなくあって(粒が重ならない)、隙間のないかっちりとした房にする。
コツがわかれば間引きはわりと簡単で手間もそんなには要らないように思う。

そんなには、というのは私のブドウ「ネオマスカット」に比べたら、という話なだけで、ブドウという果物はものすごく手間がかかるものには違いない。
暇な人はブドウを植えてみればいい。

ネオマスはピオーネの4~5倍の房量をならせるので(本当はよくないので、いい子はマネしないでね)それだけでも手間なのだが、粒の内側に粒が入っているような房型なので、間引くのが難しい。
(説明がむつかしー)

209
↑去年の写真

目方をとらないといけないので、粒をぬきすぎてもいけないが、残しすぎると粒が中で潰れてしまう。
粒が小さい状態で将来どういう風な房型になるかを想像しながらやるのは、経験がない自分にとっては本当にわけがわからない。
ある程度粒が大きくなってから間引けば間違いはないというか、多少簡単なのだが、なんせたくさんあるので、そんなことをしたらスジコみたいになってしまって終わりだ。
ハサミが入る隙間がなくなってしまう。

ベテランの人でも3回通りは間引くというのだが、私は去年5回も間引いた。
間引きすぎたら元には戻らないので、ちょっとづつ恐々やっていたのだが、一周して最初のところに帰ってきたら、間引いたときにはゆるゆるだったはずの房がギッチギチになっていて、本当に恐怖を感じたものだった。

去年1200房あまりで一周するのに1週間か10日くらいかかっただろうか、今年はそれの3~4倍ある。
5月も残すところわずかだが、6月中ずっと間引くとして、3回通りはいきたい。
となると一周するのに約10日。
4000房あるとして、一日に400房・・・。
一日13時間作業するとして、1房あたり2分弱?

(最初、別の方法で計算したら、1房1分でやらないと間に合わなかったので、死亡確定、と思ったのだが)

昨日の夜、これを計算して、実際涙は出なかったけど、心で泣いた。
そんなの絶対ムリっっと(ノд・。)
とりあえずパートの人件費を考えるか、と計算したら、これまたムリッと思い・・・
(売り上げの1/3とか。 他にも経費はかかりまくってるのに)

そもそもパートに来てもらったって、自分でさえよくわかってないのに、それを教えて、助かるくらい働いてもらえるのか疑問はある。
辛くて速攻やめていきそうだし。

そんなこんなで昨日は本当によく眠れなかった。
9時半くらいに布団に入ったのに、12時位まで悶々と色んなことを考えては恐怖におののいていたのだった。

明けて今日、ストップウォッチを購入して、一房やるのにどのくらいかかるのか計ってみた。
予想外なことに2分くらいでできた。
おおお、神よ!!
計算上は今年はなんとか一人でできそうな気配がしてきたようなせんような!!

(でも来年は!?)

しかし、2分というのは、あくまで自分的最速タイムなので、それをひたすら続けるのは非常に疲れる。
無心!無心!と思うのだが(すでにその段階で無心ではない)、すぐに不安やら焦りやら、疲れやら、サボリ心やら、休憩したいやら、お菓子食べたいやら、そういう気持ちがわいてくる。

手を動かせども動かせども、正解は見えず・・・。
でも動かさんと終わるし・・・。

そもそも一日13時間(以上)労働って・・・。
とか思うが、そういう辛い気持ちになったときには、パン職人や、鉄工所で溶接をしてる人や、子供が夜泣きで全然寝れない母親やらを思い浮かべてみる。
ま、まぁそれに比べたらマシかなぁ・・・ど、どうかなぁ・・・。
とりあえず熱い鉄とか飛んでこないし、平和だよなぁ・・・と思うことにする。そうする。
そうでも思わんと心の平静が保てない、31歳夏。

あ、ちなみに、ブドウを始めたことは後悔は多少してるかもしれんけど、よかったYO!

|

« 母屋を乗っとられ・・・的な | トップページ | トマトいろいろ »

ぶどう農家」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
がんばってられるんですね。

ちなみに、私は忙しい時期には仕事場に床にダンボールをひいて寝るという最終手段にでます。
布団で寝てしまって起きられなくて納期に間に合わなくなるのを防ぐためですが・・・・。

最近なぜか農業をされている方と色々とご縁があり、話を聞く事が多いのですが、農業を仕事
でされている方でも指導者はいなくて自分が色々な人について、盗んでいくんだって話されて
ホーって聞きました。
減農薬のために、塩水を使ってられる方とか
色々おもしろいです。

投稿: neko | 2010年5月30日 (日) 09時31分

お久しぶりです~。

ダンボールとかプチプチで寝るとか、切ないというか何と言うか・・・。

畑を見せてもらうのも、ツテがないとできないだろうし、見せてもらえるだけでもすごいことだなと、ミニチュア的視点で見ると思いますね。

私の場合は皆さん色々教えてくれたり親切にしてくれますが。
教えてもらっても実践するのは難しいです。
同じ作業であって同じ作業ではないので。

あまりに数がたくさんで、手心を加えても、結果どういう風に反映されたのかサッパリ(笑)
目に見えない色んな条件が影響してるだろうし。

塩水とか海水のミネラルで丈夫にして病気にならないようにする、というのはよく聞きますね。

今はただ目の前のことをひたすらこなすのでいっぱいいっぱいです・・・。
冷静に観察したり、試行錯誤するような余裕はサッパリナッシングです( ゚д゚)ポカーン

投稿: といとい | 2010年6月 3日 (木) 20時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の計算:

« 母屋を乗っとられ・・・的な | トップページ | トマトいろいろ »