« とうとうスモモ貴陽とバイオチェリーの花が・・・ | トップページ | ひょっこり »

2009年3月19日 (木)

休憩小屋ちゃくちゃくと

今日はとある人に山に連れていってもらった。
いつも遠くから見ることはあっても、実際に立ち入ったことがない山。
 
軽トラの荷台に乗せられて細い道を走って行くと
少しだけ開けた土地に畑があって、たくさんの梅の花が咲いていた。
ブドウも小規模だが各所で作られている。
 
町から少し入ったところなのに、浮世離れしているというか、現実感がない景色と雰囲気だった。
言葉で説明できないけど、不思議なところだったな。
 
山の小道を歩いていくと、誰が捨てたのかごみがたくさん落ちていた。
こちらのほうがよっぽど現実感があった。
 
10分ほど歩いていくと、その人の竹林が出てきた。
そこから竹を一本切り出し、肩にかついで山を降りた。
途中の道が谷側に斜めになっていて、滑落しそうで怖かった。
 

小屋の外装が大分できてきた。
初めてのことなので、板の貼り方もわからず、右往左往。
間違っていろんなところに穴をあけちゃうし。
 
今日は初めての経験が他にも。
背負い式の噴霧器をはじめて使った。
ブドウの芽を出やすくするために、毎日枝に水をかけないといけないのだ。
重いし、慣れないしで、超~疲れた。
でも、効率よくやるコツは大体つかめたので、次からはもっと楽になるだろう。
しかし、噴霧器を担ぎ出したら、いよいよ「農家」って感じだよなー。

|

« とうとうスモモ貴陽とバイオチェリーの花が・・・ | トップページ | ひょっこり »

ぶどう農家」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。