« 紫ブドウ | トップページ | 今日の犬 »

2008年7月17日 (木)

青ブドウとか

「セトジャンアンツ」 「桃太郎ぶどう」という商標で売られている緑色のブドウ。
岡山でもものすごい人気で、これを作っているというと、人々はものすごい反応を示す(笑)
 
皮ごと食べられるというフレコミだけど、実際皮を食べると渋いので私は食べない。
皮が非常に薄く、サクサクした食感で、私もこれは結構好き。
酸味、渋みがほとんど無い。

翠峰
緑色のブドウ。
巨峰の親の何とかというブドウと何とかというブドウの掛け合わせらしい。(オイッ)
なのに緑なんだね。不思議。
これは変な形の房 でかすぎ・・・
味は、個人的主観に基づいて説明すると、緑色ブドウなのにピオーネに似た濃厚な甘さで渋みがややある。
(でも、今日、商品説明に「さわやかな風味」とあった。え!?そうなん)

あれ、これなんだっけ?翠峰とピオーネかな?
房を大きくしすぎ。箱に入らんで賞。

私のネオマスカット。 大分枝を広げてきた。
棚に枝を固定していくんだけど、わけがわからなくなる。
 
ネオマスカットは岡山では見向きもされない品種(種があるし、他に色々ゴツイブドウがあるから)だけど、東北や北海道ではお盆のお供えに欠かせないものらしく、出荷したブドウはほとんどそちらにいくらしい。
ピオーネなどに比べると単価は安いが、量が取れるということで、私は「仕事」としてのブドウに選んだわけだけど、このブドウは粒を間引くのがめちゃくちゃ大変らしい。
今年、お世話になっているブドウ農家の人の畑で少し作業をやらせてもらったのだけど、本当に大変だった。
ピオーネなどの大粒品種とちがって、粒の量がハンパなく多いし、房の形が全然違うので、間引き方がわけがわからないし、難しい。手間がハンパなくかかる。
という不安があるけど、やるしかない。
 
ネオマスは久しく食べていなかったが、今日お世話になってるブドウ農家さんの家で一粒食べさせてもらった。
ネオマスは出荷するときにわりと青い状態でもいい(味はこだわらない)みたいなことを聞いていたのに、すでに甘かった。
というか、マスカットの味や~~ん(ハート)
目からウロコの旨さで、本当に驚いた。
(ネオマスはマスカットと何かの掛け合わせ また適当情報)
 
特殊な技術と手間の結晶、アレキと一緒にすんなよ!とアレキ農家の叫びが聞こえてきそうだけど、私はむしろアレキよりも皮が薄くておいしいんじゃ?と思ってしまった。
 
今までネオマスは「商売」としか思ってなかったが、こんなにおいしい(というか、マスカット好きの私の好みだった)なんて、別の意味で楽しみになってきた。
来年には多少実がなるらしいし、急にかわいく思えてきたぞ。
(今までその他の果樹のほうばっかりかわいがってたのに)
 
まぁ、結局食べてるうちに飽きてしまうんだろうけど(笑)
あんなにブドウが好きだった父も味見をしてるうちに嫌になってきたみたいだし。
 
ちなみにピオーネは巨峰とマスカットを掛け合わせた品種らしいけど、全然マスカット的な香りや味はしないような気がする。
女王のお母さんに似ないで、お父さんに似たんだね。
 
さらにちなみに、今日はブドウの査定会ということで、ブドウの等級の見本としてピオーネ、翠峰、オーロラブラックを試食させてもらった。
我が家のブドウはまだまだ収穫できないので、今年初のブドウであった。
オーロラブラックは初めて食べたのだが、熟れているものは酸味シブミがなく、非常に甘かった。
こう言うとまた失礼な話かもしれないが、今ではあんまり見ることがなくなった「ベリーA」に似ていると思った。
私はブドウの中ではマスカットとベリーA(とくに)が好きなので、非常~~に好みな味だった。
ベリーAも確か正式名称「マスカットベリーA」だもんな。
とにかく、マスカットが好きだという〆。

|

« 紫ブドウ | トップページ | 今日の犬 »

ぶどう農家」カテゴリの記事

コメント

I enjoy everything you guys usually are up also. This sort of clever perform and confirming! Keep the good functions guys I’ve incorporated anyone guys in order to blogroll.

投稿: Emma | 2014年2月22日 (土) 17時02分

この記事へのコメントは終了しました。

« 紫ブドウ | トップページ | 今日の犬 »